閉じる

ホーム > IR情報 > 直近の業績

財務ハイライト

2021年3月期第2四半期 業績概要

単位:百万円
  2021年3月期 前期比
売上高85,164▲3.3%
営業利益2,152▲7.5%
経常利益2,033▲10.1%
当期純利益1,409▲15.7%

当第2四半期連結累計期間のわが国経済は、緊急事態宣言が解除され、経済活動再開の動きが見られるものの、新型コロナウイルス感染症の影響により、依然として不透明な状況が続いております。

エレクトロニクス業界におきましては、各国において経済活動が再開されたことにより、徐々にサプライチェーンが正常化し、電子部品等の需要にも回復傾向が見られたものの、未だ新型コロナウイルス感染症の拡大以前の水準には満たず、電子部品等の生産は低調に推移しました。

このような状況の中、当社グループは、安全対策需要の高まりを受け、ドライブレコーダー等に注力した販売活動に努めましたが、主に新型コロナウイルス感染症の影響による自動車市場における生産活動の停滞の影響を受け、当第2四半期連結累計期間の売上高は、前年同期比3.3%減の851億64百万円となりました。

営業利益は、売上高の減少により売上総利益が減少したことから、前年同期比7.5%減の21億52百万円となりました。

経常利益は、営業利益が減少したことから、前年同期比10.1%減の20億33百万円となりました。

親会社株主に帰属する四半期純利益は、経常利益が減少したことから、前年同期比15.7%減の14億9百万円となりました。



2021年3月期第2四半期 セグメント別の業績概要

単位:百万円
日本 中国 その他
アジア
欧米
売上高50,37416,88414,1953,710
営業利益816647372119

<日本>

売上高は、自動車向け各種関連部材の販売は減少したものの、ドライブレコーダー等のアフターマーケット向け製品の販売が増加したことから、前年同期比9.4%増の503億74百万円となりました。営業利益は、前年同期比8.1%減の8億16百万円となりました。

         

<中国>

売上高は、OA機器向け各種関連部材の販売が減少したことから、前年同期比6.1%減の168億84百万円となりました。営業利益は、前年同期比14.0%増の6億47百万円となりました。


<その他アジア>

売上高は、テレビ向け各種関連部材の販売が減少したことから、前年同期比17.0%減の141億95百万円となりました。営業利益は、前年同期比35.2%減の3億72百万円となりました。


<欧米>

売上高は、テレビ向け各種関連部材の販売が減少したことから、前年同期比46.6%減の37億10百万円となりました。営業利益は、前年同期比35.5%減の1億19百万円となりました。

IR情報 MENU