Language
日本語 日本語

当社グループは、社会及び当社グループが直面する課題に対し、
事業活動を通じて優先的に取り組むべき重要課題(マテリアリティ)を特定しています。

これらマテリアリティへの取り組みを軸に、持続可能な社会の実現に貢献し、企業価値の向上を目指してまいります。

マテリアリティ特定プロセス

マテリアリティの特定にあたっては、現在の「サステナビリティ委員会」の前身である「サステナビリティ推進準備室(代表取締役社長が管掌)」を中心に検討を進めました。まず当社グループが取り組むべき社会課題を事業内容と関連付けながら、SDGsの各目標を軸に抽出・整理を行いました。次に、抽出した各課題の重要度を評価・分類し、その結果を元にマテリアリティ案を作成し、「サステナビリティ推進準備室」において議論を重ねた結果、マテリアリティの特定に至りました。
以後は、「サステナビリティ推進準備室」を改組した「サステナビリティ委員会」が中心となって、課題解決に向けた各施策の検討・立案・進捗管理等を行っています。

特定プロセス

1. 社会課題の整理
SDGsの各目標と当社グループの事業内容とを関連付けながら、取り組むべき課題を抽出
2. 優先順位付け
抽出した課題を重要度別に分類
3. マテリアリティ案の策定
重要性の高い社会課題を中心にマテリアリティ案を作成
4. マテリアリティの特定
代表取締役社長が管掌する「サステナビリティ推進準備室」にて協議し、マテリアリティを特定
5. KPIの策定
「サステナビリティ委員会」(「サステナビリティ推進準備室」を改組)の傘下に設置した各ワーキンググループを中心に、マテリアリティごとのKPIを策定

4つのマテリアリティ

安心安全な社会の実現

長期目標

モビリティの先進技術を通じた安全運転支援による交通事故のない社会の実現

  • 自動運転運転、運転支援製品への技術向上に貢献する
  • 事故要因低減先進技術製品の技術向上に貢献する
  • インフラにおけるセンシング技術、AI技術製品の技術向上に貢献する
モビリティの進化に対応した
高付加価値商材の拡販
売上収益
22/3期
310億円
26/3期
325億円

適切な医療環境の整備

  • 医療に対するアクセサビリティの向上に貢献する
  • 医療診断、医療検査機器の進化に貢献し、予防医療を含め人々のQOLの向上に貢献する
  • 医療治療機器の進化に貢献し、新たな治療技術で人々のQOLの向上に貢献する
医療診断、
医療検査機器向け商材等の拡販
売上収益
22/3期
84億円
26/3期
122億円

関連するSDGs

環境負荷の低減と循環型社会の実現

長期目標

クリーンエネルギー普及への貢献

  • 脱炭素社会の実現に貢献する
  • クリーンエネルギー普及に向けた取り組みを推進する
環境対応車、クリーンエネルギー
(太陽光、洋上風力など)
設備関連向け商材の拡販
売上収益
22/3期
37億円
26/3期
160億円

リワーク、リサイクルビジネスの推進

環境負荷低減への貢献

  • リワーク、リサイクルビジネスを展開し
    再利用を推進する
  • 梱包資材や新冷媒等の環境に配慮した部材の納入により環境負荷低減に貢献する
環境に配慮した商材の拡販
売上収益
22/3期
27億円
26/3期
55億円

関連するSDGs

多様性を尊重し、成長し合う組織づくり

長期目標

全ての従業員が能力を最大限発揮できる機会の提供

  • 就業制度の見直し
  • 健康経営の推進
  • 人事制度のフルリニューアル 等

人権方針

人権の尊重

人財戦略

研修制度の
拡充
D&Iの推進 (ダイバーシティ&
インクルージョン)
働き方改革

関連するSDGs

全てのステークホルダーから信頼される
ガバナンス体制の構築

長期目標

取締役会の機能強化及びコンプライアンスの徹底

  • 取締役会実効性評価の見直し
  • 社外取締役比率の向上
  • 女性役員の選任 等
  • コンプライアンス推進を担当する専門部署の設置

社内体制

コーポレート・
ガバナンス
コンプライアンス

関連するSDGs

ホーム サステナビリティ マテリアリティ(重要課題)