Y.N.

開発部
第一開発G
2019年入社

Y.N.

開発部
第一開発G
2019年入社

幅広い業界との関わりに自分の行動力を活かす。 探求心を活かし、誰にも負けない得意分野を見つける。

QUESTION 01

入社を決めた理由

自己分析の結果、自分の強みは探求心と行動力であると認識していました。
就活では、自分の強みが活かせる業界はどこかと、いろいろ検討を重ねた結果、様々な仕入先からお客様のニーズに合った商品を提案するという仕事のありよう、また幅広い業界と接点を持ち、常に最新の情報を取り入れていくというビジネススタイルを持つ商社が、自分には合っているのではないかと思うようになりました。 中でもエレマテックは、約7,000社を超える仕入先、約6,600社にものぼる顧客を有し、極めて幅広い接点が持てる可能性があることに魅力を感じ、入社を決意するに至りました。

QUESTION 02

現在の仕事は?

開発部ではお客様の特徴を分析し、22のグループ(マーケット)に分類、それぞれに担当がついて有効な商材の発掘や提案活動を行っています。私は産業機器、インフラ関連、モーター関連のマーケットを担当しています。
学生時代にロボットの研究をしていたため、その知識を活かし、産業用ロボットの販売や様々な工程の自動化提案などに力を入れています。ただし、成長のためにはそれだけではなく、幅広い商材や機器の知識、お客様の業界の知識を学ばなければいけないと思っています。営業部門ともしっかり連携し、常に最新の情報を入手するよう心がけています。 簡単な仕事ではありませんが、上手くお客様のニーズをとらえた提案ができた時には強いやりがいを感じます。

QUESTION 03

印象に残っているプロジェクト

海外の拠点と連携し、out-out(海外から海外へ製品等を送る)案件に取り組んだ経験が印象的です。
中国のあるお客様から新製品の部品調達依頼をいただき、中国の当社拠点のメンバーと連携しながら、調達先も中国国内で検討し、見積を依頼しました。コストメリットを考えて中国国内で完結する取引を計画したものの、あがってきた見積はお客様の希望の2倍以上の額でした。このままでは破談になってしまうと考え、お客様に対しては求める仕様をに何度もヒアリングし、要求を満たせる仕入先を粘り強く探し、コストと品質の両方を満たす取引を成立させることができました。 国内外の先輩たちの協力なしでは、成立しえなかった案件だったと思います。

QUESTION 04

目指すキャリア

これだけは誰にも負けない、という得意分野を持った人材になりたいです。 今はまだ製品や技術、業界についてわからないことだらけの状態で、参考書を読んだり、周りの先輩に教えてもらったりしながら仕事を進めています。所属部署に関係なく、先輩たちは丁寧に教えてくれるので若手社員にはとてもいい環境だと思いますが、いつまでも甘えているわけにもいきません。知識を吸収し、仕事の経験からも学んでいき、いつかは「この分野のことなら生田目に聞けばいい」と、周りからみなされるような存在に成長していきたいですね。

とある1日のスケジュール

07:00
起床
07:30
通勤
08:30
出社
メールの確認&その日中にやることを確認。
09:00
部署内の打ち合わせ
11:00
取引先にアポイントメールを送信
日程の調整
12:00
昼食
先輩たちとランチ
13:00
取引先との打ち合わせ
15:00
海外現地法人とのテレビ会議
16:30
プレゼンテーションの作成
18:00
退社
18:30
帰宅
19:30
英語の勉強